「うまれる」上映会を終えて♪

映画「うまれる」inさっぽろ

無事に終える事が出来ました。


午前は前夜の雪の影響で、お客様の出足が遅れる。
などもございましたが、

お子様連れにも関らず、沢山の方がご来場くださいました。


午後の部につきましては、
キャンセル待ちとなり、お帰りいただく方もいらっしゃり、
有り難いと同時に、大変申し訳ない状況でした。




私自身は、北海道新聞に大きく取り上げていただいた事により、

沢山のメールをいただいたり、

当日、思いがけず以前務めていた産婦人科時代の事務長さんが
来場されたりと、嬉しいサプライズもある中でした。




終演の挨拶には、mukobuと常松将行と演奏させていただきましたが、

帰りに高校生の女の子から
「帆海さんのCDを母が持っていて、受験勉強中心が落ち着きました。」

と、嬉しい声かけもいただいたりと。心はずむギフトも♪



「うまれる」

魂の衝動から動き出しましたが、

とにもかくにも、繫がりと拡がりの連鎖が素晴らしく

スタッフがスタッフを呼び、

協賛者様が協賛者様を呼ぶ。


応援の心嬉しい、演奏メンバーや友人からの協賛。


響きの杜クリニック、西谷院長によるお力添え。

そして、再会した札幌市立大学の多賀先生の多大なるご協力。



チケット管理などの表作成。

フライヤー、ポスター、当日の配布プログラムなどの作成。

活動団体のロゴ、HPの作成。

と、影で支えてくれたメンバー。


チケット設置店としてご協力いただいた皆様。


極寒の外に案内看板を持ち1時間立つ。というためだけにボランティアしてくれた方。



どれ1つ無駄なく、どれ1つ欠けても違っていた。
その流れの中で、


当日のサポートスタッフ、ボランティアスタッフの「輪」も素晴らしいものでした。



まさしく“神業”というものなのかもしれません。


画像


“ママさんタイム”午前の部


画像



札幌日大中学校、ボランティア部のみなさん♪



画像



託児ルームでは、
札幌市立大学・看護学部の絵本サークルの参加♪



画像




沢山のアンケート・募金のご協力をありがとうございました♪




「うまれる」ということ。

「いのち」ということ。


大切なテーマを軸として。この日まで、短い準備期間を走ってみました。



終了して1週間。


ゆるゆると、少しずつ。残務をしながら自分のペースを取り戻しております。


週末はすっかり奏者の顔に戻って、

大切なメンバーと音を刻みますので、ぜひどうぞ♪


3月こそは、石繋ぎの時間も設けたいな。





****今後の演奏会など*****

・『Pleasant Time』 Vo.5 3/1
http://kamimi-room.at.webry.info/201301/article_4.html


・上富良野「じょう舎」3/23
16時~ 


・チャリティ演奏会@モンクール 4/14
14時~


・サポートブレス・ネックレスなど随時受け付け中









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント