映画「うまれる」inさっぽろ

昨日は、ラジオ生放送に55分出っ放しという初体験。


ラジオカロスサッポロFM78.1MHz
毎週月曜日11時~11時55分 生放送
『えっちゃんの幸せの種を蒔こう』


にゲスト出演させていただき
楽しい時間を過ごしました。


CDをかけていただいたのですが、

「こんなの始めて!!!」と。
イコライザー画面をその場で撮影してみせてくれる えっちゃん♪



画像




なんだか子宮に浮かぶベビーみたい・・・・・。


「うまれる」の事やクリスタルボウルの話を
たっぷりさせていただきました。


ありがとうございました!




「うまれる」の映画に出逢い。

2月17日の上映会に向って。

正直20代でもキツイだろうって感じの日常の1ヶ月ほどを過ごしていました。

仕事の繁忙期も重なってだったので余計でした。




明らかに、今まで経験してきた「イベント」とは流れが全然違う。


素的な共鳴、共感が巻き起こり。

サポートしてくれる人達にとても恵まれて。

その差し伸べられる手が嬉しくて。

心がしあわせと楽しさでいっぱいに膨らんで。。。。


走らずにはいられない。。。


そんな数週間でした。


私がこの映画上映会を決めたのは。


自分自身のテーマ「いのちの奇跡」がリンクしたこと。


ドキュメンタリーという実在する人物による実話であること。


私の演奏と同じ・・・

「観る人によって感じ方が様々であろう」という引き出しの多さ。



フライヤー作成の為にと届いた資料の中の監督の言葉


「産まれてくること、そして生きることは、まさに奇跡の連続。
頭ではわかっている命の尊さ、感じる機会ってどのくらいあるのでしょう?

全身の細胞全部で、映画のメッセージを受け止めていただけたらうれしいです。」



細胞全部。。。笑

私の演奏とシンクロ~。



会場のお客様全員の細胞が感動で震える瞬間に。
立ち会うってどんなだろうか~


当日、会場でぜひともお会いしましょう。


演奏でCD「mem」リリース以来演奏の機会が増えている
アーティストメンバーも応援にかけつけてくれます。



息子の中学校からは、午前に受付のボランティア。


託児へは、会場となる看護学部の学生さんが 読み聞かせのボランティアに。


沢山の繫がりと、あたたかさの中での開催となります。



画像




映画「うまれる」inさっぽろ


後援 札幌市/札幌市教育委員会/NPO法人 日本ホリスティック医学協会
    響きの杜クリニック/北海道新聞社


主催 はーと・あーと・はっぴーHokkaidou 
http://heart-art-hh.jimdo.com/



日時:2013年2月17日(日)*定員230×2回*

①10:00~12:00※ママさんタイム上映
②14:30~16:30 ※乳幼児入場不可
    各回入場受付30分前を予定しています。
 

 
☆「ママさんタイム」:3歳以下の小さなお子様の入場を許可した上映会です♪

☆各上映前に札幌私立大学看護学部/助教・助産師/多賀昌江氏の講演♪

☆各回託児完備:定員最大20名 料金800円・要予約

☆②上映後、主催挨拶と演奏タイム(20分程・17時終了。)
 帆海・クリスタルボウル mukobu(有本紀)・ピアノ 常松将行・ドラムス


場所:札幌市立大学・看護学部/大講義室
札幌市中央区北11条西13丁目(JR桑園駅 徒歩3分) 
   
   ※駐車場はございません。
  近隣の駐車場、または公共交通機関をご利用下さい。

    アクセス http://www.scu.ac.jp/access/campus_s/ 

 
チケット
前売券 一般1500円/学生1000円/中学・小学・幼児800円


   ※午前の部:座席を必要としない乳児は無料です。(ママさんタイム)
※午後の部:乳幼児の入場が出来ません。
※前売り券の払い戻しは出来ませんのでご了承くださいませ。


当日券  一般1800円/学生1300円/中学・小学・幼児1100円
※前売券が座席数に達しましたら、当日券の販売はございません.

購入入方法
①札幌市内各所に設置(随時HPのブログにてお知らせ)
②メール 時間・枚数・をご記入の上お申し込み下さい。
  heartarthh@yahoo.co.jp
   *口座ご案内→お振込み→予約番号
※パソコンからの返信が受け取れるメールアドレスからの連絡をお願いします。
 (1週間経っても返信がない場合は再度のメッセージをお願い致します。)

HP・・・ http://heart-art-hh.jimdo.com/






        ・・・魂が号泣する感動の104分・・・
映画『うまれる』は、「子供は親を選んで生まれてくる」
という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の
夫婦の物語を通して【自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、
命の大切さ、人との繋がりを考える、ドキュメンタリー映画】です。
妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害など『うまれる』
ということを幅広く捉える事で、親子関係やパートナーシップ、
男性の役割そして『生きる』という事を考える・感じる内容になっております。
重いテーマだと思われるかもしれませんが、
とても前向きで明るいストーリー展開となっていますので、
観終わった後は温かい気持ちになっていただけるのではと思っています。

「うまれる」HPより。

http://www.umareru.jp/index.html







****その他インフォメーション*****

・『Pleasant Time』 Vo.5 3/1
http://kamimi-room.at.webry.info/201301/article_4.html


・サポートブレス・ネックレスなど随時受け付け中

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント