拡散希望 「給食の内部被爆ゼロを実現」のための署名にご協力ください。

ぴりかふみの広報活動を行いながら。

ふと、ご縁あった方からのメールご案内と共に。

ブログを訪問したそこには。


札幌で、給食に東北。関東圏の野菜や果物が使われている。
放射線に対する感受性の高い子供達を、内部被爆から守ろう。

の言葉。。





原発は決して見過ごしてはいけない。

これからの私たちに、大きく架せられた課題と思いつつ。


自分では太刀打ちが出来ない。

勉強をしようと思っても、横文字や、化学記号の並ぶ難しいイメージから、
なんとなく。事なかれ~でいた私でした。

それでも。
スーパーで。自然と野菜の産地を見るようになりました。

果物、魚・・・どうしても手が出ない私が居ます。

「自分はいい。でも子供には~」


そんな思いで少しは食べ物に気を配っていたつもりが、
(添加物を含めて)


「給食!!」


目から鱗。



そして、この署名運動なら、私にも出来る。

単純にそう思えました。


産地の農家さんがどうなるだろう。

そんな罪悪感にもかられる気持ちにもなるけれど。

これはもう。
それこそ「国」になんとかしていただく。



そして、私の場合は、「排除」というよりも。

このことをきっかけに。

「原発」についての認識を今1度。

これから私たちがすべき本来の生活の事。を改めて。


一人でも多くの方が考えていただけるきっかけになればいいな。


というのが、私の中の1番の思いです。


今日から早速。署名活動を行っています。



給食の安全性を守る措置を求める要望への賛同署名

札幌市長 上田文雄 殿
札幌市教育委員会 御中

3月17日、高い数値に改定された食品の放射性物質の暫定規制値と、検査体制の確立不備によって、放射性物質を高く含んだ食材が、広く流通しています。また、全国に飛散した放射性物質は、これから雨で地下水に浸透して行きます。札幌市内においても、こうした汚染食材による学校給食の安全性が大きく懸念されています。子供たちを内部被曝させない為に、新たな検査体制を確立し、給食の安全性を維持する為の措置を求めます。

次の項目に関して札幌市に対策を求めます。

① 食材は産地に留意し汚染の高い地域のものは使用しない。

② 希望者には水筒の持参を認める。

③ 放射能測定センターを開設し給食食材の放射性濃度を計測、公表する。





詳細については、

「給食の安全性を求める会@札幌」の山田恵さんのブログをご覧下さい。

何故、署名を集める事になったかの経緯はこちらで確認出来ます。

http://blog.goo.ne.jp/tanepotaani/e/07eb005b9de409f69440e52f1ee0ce98


9月の議会にあわせて、来週、9月16日に提出予定。
日がありませんが、少しでも沢山の方に協力をお願いいたします。


署名用紙はこちらからダウンロードできます。

http://blog.goo.ne.jp/tanepotaani/e/c60603e86ec77f07e1dbcbe734ba52de


市内各所に、用紙設置もしております。

http://blog.goo.ne.jp/tanepotaani/e/a81622db91426da1f301e527b71b85fb


直接コンタクトをとって一緒に参加したい方は(facebook)

http://blog.goo.ne.jp/tanepotaani/e/46d02c40433b2f635eff445c5d91ca86



なお、今回は要望署名なので、代筆が可能との事。
*札幌市外・子供もOKとのこと。

私へのメッセージで住所・氏名をお知らせいただければ、
代筆署名もさせていただきます。



生きるということ。

暮らすということ。

今、改めて。感じてみようと思っています。

先ずは小さな1歩から。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント